あなたは脇からミートボールの匂いがするって信じられますか?

私のワキガは公害ならぬ香害でした・・・・・


 

私の脇はミートボールのような匂いが・・・・

 


私の脇はミートボールのような匂いを発するんです。


ミートボールと言ったって、お弁当に入っている美味しそうな匂いではありません・・・。

イ○イのおべんとくんみたいな想像はしないでくださいね。


なんか、こう野獣のような・・・・そんな感じをミートボールと表現したんです。

つい「匂い」と書いてしまいましたが、「臭い」と書いたほうが正しいようですね・・・。


それほど私の脇からは悪臭がするのです。


 


 

脇がコーヒーの匂いだったらよかったのに

 
同じ茶色の食品だったら私は絶対にコーヒーを選びます。

そのコーヒーもキリマンジャロだったら最高です。

なにせ、私はセブンイレブンでキリマンジャロコーヒーを日に3度買うほどのコーヒー好きなんです。



でも、そんな淡い想像をしてもすぐに現実に戻されてしまいます。

なにせ、私の鼻から数十センチ離れた脇からミートボールの臭いが常にお届けされているから・・・・・。



 

同僚は臭いを嫌ってマスクをしている


私は現在25歳。
某メーカーで営業事務をしています。

自分がワキガということは学生時代から自覚していました。

でも、友人や恋人には恵まれていたせいかそこまで悩むということはありませんでした。
若さのせいでしょうか。



ただ、社会人となった今、そんなことは言ってられなくなってしまいました。

というのは風邪でもないのにマスクをする同僚が多いからです。



自分の思い過ごしかもしれませんが、私の周りに座る同僚たちのマスク着用率がすごいことになっています。

特に狭い空間で行われる会議室での着用率は私の気持ちを沈ませました・・・・・。


 


 

香害はワキガと香水が混ざった結果の悲劇


当然、ドラッグストアに置いてある制汗スプレーはいくつも試しました。

でも、効果はほんの一時的。
お昼休み前には臭いが出てくるのです。


中には肌に合わないのか、痒みをもたらすものも。


 

体臭を減らす食べ物も食べているけど・・・


体臭を減らす食べ物はアルカリ性のものが良いと聞いたことがあるので、

毎日梅干しやワカメなどの海藻類を食べるようにしています。

でも、一向に変化の兆しがないんです・・・・。




そんな私が取った行動は香水でワキガ臭をごまかすこと。

 

毎日の出社時、最初にすることはトイレに行くことです。
そこで「これでもか!」というくらいに香水をかけることでした。
シューッ!シューッ!シューッ!って。

まるで、お風呂にあまり入れなかった中世ヨーロッパ貴族の女性たちのようです。


でも、これがさらなる悲劇をもたらすのです・・・・・・。



 

通りすがりに臭いと言われたことも・・・・


この香水でワキガ臭を隠すという行動は諸刃の刃だったのです。

というのも、フロアの通路や車内の廊下を歩いている時、たまに
「クサっ」
という小さな声を聞くことがあったんです。


香水がキツすぎたのか・・・。
それとも、ワキガ臭と香水が混ざり合って摩訶不思議な臭いを発しているのか・・・?


ううん気のせい、と自分自身に言い聞かせていましたが・・・・・。

 

 

まるで「スメハラ裁判」

 
ある日、部署の上司(女性)から会議室へ呼ばれました。

そこで発せられた言葉は衝撃でした・・・。




「あのね・・・・。ちょっと言いにくいんだけど・・・・・。
香水をもうちょっと控えめにできない?部署のみんなが臭いで酔っちゃうんだよね」





まるで裁判長から「あなたは臭い」という有罪判決を言い渡された気分でした・・・・。

この日、仕事にならなかったことは言うまでもありません。



 

家で独り悩む私・・・・。

やっぱりワキガの手術してみようかなあ・・・・。



 

ワキガ手術したのに臭うという人もいるみたいだし・・・



でも、ワキガ手術って高いし、中には再発する人もいるっていうし・・・。

そもそも、ワキガの手術ってアポクリン腺っていうものを切除するらしいんです。

なんか、カラダの一部を切るっていうのが怖くて・・・。



そんな独りモンモンと悩んでいる時、親友の裕美子からご飯の誘いがあったんです。




 

親友にも気を遣わせていたことに涙が出そう


裕美子は高校からの親友です。

今は女性誌でライターをしていてバリバリ働いている、気のおけない仲です。



そんな裕美子に会社での悩み、上司に指摘されたことをぶちまけました。
お酒が入っていたこともあり、涙声でした。


「そうなんだ・・・・・。たまに臭うことはあったけど・・・・・。」


たまに、という言葉に涙がさらに出てきました。
親友にまで気を遣わせた言葉選びをさせるとは・・・情けない。


「そうだ!知り合いの編集者にそういうの詳しい人がいるから何か方法ないか聞いてみるね!」

親友の優しさにちょっと気が楽になった夜でした。




 

親友からの思いがけないプレゼント





5日後。
帰宅すると小包が一つ届いていました。
送り主は裕美子。

中には手紙が入っていました。



 

こないだはお疲れさま。
先日、知り合いの編集者に「これがオススメ!」というものを聞けたので送りました。
なんでも、特集で一番評判が良かった制汗剤だそうです。
ダメ元で試してみて。

                                     裕美子

 


友情に泣ける・・・・。




小包の中には2種類の制汗剤が入っていました。

両方とも塗るタイプのもの。

う〜ん。そういうのはドラッグストアで買ったものを死ぬほど試したんだけどな・・・。


でも、親友がせっかく送ってくれた物。
試してみない訳にはいかないよね。


 

体全体に効くor脇だけしか使えないけど強力に効く

 

裕美子が送ってくれたのは、
「カラダのあらゆる所の臭いを消してくれる物」
「脇にしか使えないけど臭いを強力に消してくれるもの」
の2種類でした。


どっちを使うか。

もちろん、強力な方です。


これまでも私のミートボール臭を消すためにかなりの商品を使ってきました。
それでもダメだったのですから、強力なほうを選びますよね。

なんでも、ワキガのメッカ?欧米人向けに作られたそう。


お風呂上りに脇へ塗り塗り。
これでアポクリン腺にフタをしてくれる効果があるとか。

さあ、親友のチカラを見せておくれ!








翌朝。

なんか臭いが少なくなってきたような。

でも、長年連れ添った?自分の臭いだからまったく臭わない時もあります。

家を出る前にも脇に塗り塗り。


香水は一滴もふらず、純粋に「ワタシの臭い」で勝負します。

心配だけど・・・・。


その日のお昼休み。

いつもなら脇から臭いを発するハズなのに、ほとんど臭いがしませんでした。

「お?ひょっとして?」と思いましたが、周りの人たちのリアクションの変化はありません。


まあ、周りにいる人たちはちゃんとした大人なので

「あれ?今日は臭いしないじゃん?」

なんてKYなことを聞いてくるはずもありません。


とりあえず毎朝出社前に塗るということを日課にしていました。


塗り始めてから5日あたり経った頃、臭いを指摘された上司と取引先に同行することになりました。

取引先との打ち合わせも終えて会社に戻る時、上司がこう言ってくれたんです。


「最近、香水の臭いキツくないね」



ん?当然今は香水を使ってないので香水のキツさはないのは当然です。

でも、わざわざ臭いの話をしてくるってことはワキガ臭も感じないのかな・・・?



 

親友を呼び出してテスト


この日の夜、裕美子を飲みに誘いました。

プレゼントのお礼と共に、ちょっと恥ずかしいんだけど裕美子に私の臭いを嗅いでもらいました。



「やっぱり。ほとんど臭い分からなくなってるよ」


う、うれしい・・・・。

やっと私も人並みの人生を歩んでいけるのか。

この日のお酒の美味しいこと美味しいこと。



「じゃあさ、来週合コンあるんだけど来る?」という裕美子のお誘いに私はもちろんYES!でした。

それまで自分の臭いのコンプレックスから合コンも全て断っていた私。




もうちょっと早くこれを使っていれば今頃彼氏がいたのかも・・・・。





これを読んでくれたあなたも、1日も早く臭いの
悩みから解放されてくれることを

陰ながら応援しています。




私が使ってみたのはコチラ⇨デトランスα(定期)