大豆を食べて生理前の肌荒れを予防

生理前の肌荒れの原因はホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスはストレス、食事、生活習慣なので簡単に崩れてしまいます。ホルモンバランスが乱れないように日々ケアをしておけば、生理前の肌荒れがひどくなるのを防げます。

大豆にはイソフラボンという女性ホルモンの働きを助ける成分が豊富に含まれています。女性ホルモンのバランスを整えるだけでなく、肌荒れによい栄養も一緒に摂れます。ビタミンB6は皮脂分泌をコントロールし、ビタミンEは血行を良くしたりく酸化成分を発揮します。大豆にはこれらの栄養素がたくさん含まれています。

生理前の肌荒れ防止のために、毎日大豆製品を食べるようにしています。よく食べるのが納豆です。納豆は調理の手間がいらないから食事の準備が楽です。納豆菌の整腸作用も得られます。

毎日納豆を食べていると飽きるので、混ぜるものを工夫しています。海藻を混ぜるのがお気に入りです。ひじきやわかめ、昆布がおいしいです。海藻のミネラルも摂れて、生理前の肌荒れ予防効果が高くなりそうです。また、女性ホルモン配合のクラブ ホルモンクリーム も使ってケアしています。

意外とおいしいのがはちみつです。はちみつを混ぜるとねばりが強くでます。甘い納豆もおいしいです。

大豆をよく食べるようになってからは、生理前の肌荒れがひどくならなくなった気がします。